寝てキレイ?「睡眠美容」

寝てキレイ 睡眠美容 - イルミナージュ ビューティー ~枕カバーとアイマスク 1

ヨガインストラクターのWaka Yogiです!今回は「睡眠美容」についてのお話。質の良い睡眠は最高の美容液!とも言われますよね。お肌も土台が大切。どんなに高級な化粧品を使っていても、それを受け止める素肌が健康でなくては意味がありません。化粧品の効果を高めるためにも、睡眠の質を高めることがポイントなんです。

眠っている間に肌は修復
美しい肌は寝ている間に作られます。でも、ただ寝るだけではNG!ぐっすり、しっかり眠ることで美肌が作られます。例えば、夜更かしした翌日、1日中なんとなく体がだるく感じたり、頭痛があったり、体調が悪くなった事はありませんか? これらの不調の原因は、カラダの修復が十分に行われなかったからなのです。

本来、夜眠っている間に皮膚を含むカラダ全身が修復されます。 修復は血液を通して行われますが、起きている日中は血液のほとんどが脳に集中しているので、日中お肌には栄養が十分に行き渡っていません。そう、眠ると血液は体の隅々に流れ始め、お肌にも栄養が行き届くようになるのです。

皮膚や内臓の修復には最低でも6時間位かかると言われているので、睡眠時間が6時間を切ると肌トラブルの可能性が高まります。睡眠は脳やカラダの疲労を取って回復させる為のもの。しっかり寝ないとお肌だってキレイになりません。

でも、ただたくさん眠ればいいというわけではありません。傷ついた細胞を修復し、肌を再生するために鍵となるのが成長ホルモン。成長ホルモンと睡眠には密接な関係があるんです。

大切なのは最初の睡眠
お肌のゴールデンタイムってご存知ですか?夜10時~2時までの時間帯に成長ホルモンがたくさん分泌されるから、夜10時には寝た方がいいって事。しかし、最近の研究では、この時間帯に科学的な根拠はなく、寝付いた最新の睡眠がポイントだとされています。本当のお肌のゴールデンタイムは入眠後3時間。寝付いてから最初の3時間が大事だと言われています。この時間帯に脳の下垂体から成長ホルモンが分泌されます。

この3時間にどれだけ成長ホルモンを分泌させるかが鍵になってくるのですが、そこで大事なのが睡眠のリズム。なかなか寝付けなくてゴロゴロしている、浅い眠りという状態では成長ホルモンが十分に分泌されません。最初の3時間にどれだけ深く眠れるかがポイントなんです。

睡眠のサイクルは『浅い眠りのレム睡眠』と『深い眠りのノンレム睡眠』が約90分で入れ替わるのですが、この最初の2サイクルの間の『ノンレム睡眠』で深い眠りを得ることが成長ホルモンの分泌量を増やすのです。成長ホルモンをたくさん分泌させるコツを見てみましょう。

寝る前の食事はNG
成長ホルモンが分泌されるためには、血糖値がしっかり下がっている事が重要。

だから、寝る直前に何か食べるのはおすすめできません。私たちは食事をすれば血糖値が上がります。何か食べるとリラックスして眠くなるからいいんじゃない?と思うかもしれませんが、質の良い睡眠にとっては逆効果。

食べて眠くなるのは、自律神経の副交感神経が優位になってきて、胃腸に血液が集まって消化活動を始めるからです。食べる物にもよりますが、血糖値も同時に上がっていきます。血糖値が高い状態だと、成長ホルモンが分泌されにくいので、寝る直前の食事はお肌にもダイエットにも良くないので注意したいですね。

・寝る3時間前には食事を済ませる

・夕食には、血糖値が上がりにくいアルギニンを多く含む食材を摂るのがオススメ!

納豆・高野豆腐・肉類・魚類 など。

就寝時間と睡眠時間
お肌のゴールデンタイムの時間は関係ないとは言いましたが、できれば深夜0時から0時30分までには寝たいですね。 睡眠時間は個人差がありますが、だいたい7~8時間くらいが良いと言われています。

また、就寝時刻を一定させることも大切。 成長ホルモンは体内時計の影響を受けていますから、寝る時間が毎日異なるとスムーズに分泌されなくなってしまうのです。毎日遅くとも深夜0時30分までに同じ時間に寝るようにすると、お肌の状態も良くなってくるのでは?

ターンオーバーで新しい肌へ
成長ホルモンが分泌される事で、肌の新陳代謝が良くなります。つまり、お肌のターンオーバーを促進して新しい肌を作ってくれるという事。普通は少しダメージを受けても肌の新陳代謝が正常であれば、シミやシワなどの肌トラブルは受けにくいもの。

シワや吹き出物、ニキビなどの肌トラブルは、ターンオーバーが正常にできてない!というサインかも。成長ホルモンで肌がしっかり生まれ変わっていれば、シミが定着する事も、シワが深く気ざまれる事も防げます。

USA発!最新スキンケア
ちょっとしたコツでお肌に嬉しい睡眠ができますね。私たちの人生の1/3は睡眠時間。そう考えると睡眠って本当に大切です。


この毎日の睡眠時間を使って、美肌や若々しい肌を保つ方法がアメリカで始まっています。最新技術により、上質な生地に銅が織り込まれた「枕カバー」と「アイマスク」なのですが、海外セレブやスーパーモデル達も愛用しているとか。

実際に使ってみました!
私、Waka Yogiもイルミナージュの「枕カバー」と「アイマスク」を使い始めました!結論を言うと、とっても良い!!

まず「枕カバー」ですが、見た目がオシャレなゴールドで素敵。そして、肌触りが本当に本当に滑らか!!たまに敏感肌になる私なのですが、ずーっと頬っぺに触れていたいくらい気持ち良いんです!私は横向き、うつ伏せでも寝るので(寝相が悪い)今までの枕カバーだと、朝起きたとき顔に枕カバーのシワの跡が付いてたり。。。

「イルミナージュ 枕カバー」は上質で滑らかな生地なので顔に跡が付かないし、使い始めて3ヶ月経つのですが、気になっていた毛穴と頬っぺの赤みが少なくなってきました!悩んでいたので、これはかなり嬉しいです。スキンケアには詳しくないし、なかなか続かない私にとっては、寝るだけでいい「枕カバー」は本当にラクで助かります!

そして「 アイマスク」は移動時間、お昼寝の時、ヨガのお休みのポーズの時、もちろん夜にも使っています。新幹線や飛行機、かさばらないから旅行でも一緒!

「アイマスク」も美肌に欠かせない銅が織り込まれた滑らかな生地なので、敏感な目元にも安心。最近、目の下の小ジワが気になっていたのですが、よくお世話になるメイクさんに、だいぶ薄くなったね!と言われました。嬉しい!

あとは、光をしっかり遮断できて良く眠れるからなのか、「アイマスク」を使い始めてから目が疲れにくくなったのと、目の下のクマが改善されたのを実感!私たちの瞳って、思っている以上に光に敏感なので、お昼寝や移動中の「アイマスク」は個人的に本当にオススメです!

美肌に欠かせない銅の働き

・ヘモグロビン生成!若々しい肌

貧血には鉄ですよね。銅はヘモグロビン生成に必要な鉄を利用しやすくするのに関係しています。鉄が不足するとヘモグロビンの量が減少して貧血を起こします。しかし、鉄だけを摂取しても貧血症状は改善されません。これは、銅には鉄とヘモグロビンを結びつける作用があるためで、貧血の解消には鉄と一緒に銅も摂取する必要があります。

・メラニン色素生成!くすみのない肌

アミノ酸の一種であるチロシンからメラニン色素がつくられる際に、銅の働きが必要となります。銅が不足すると、髪の毛や皮膚の色抜けといった症状に繋がる可能性があります。 

・コラーゲン生成!ぷるぷる肌

細胞と細胞の間には、コラーゲンというタンパク質が存在しています。コラーゲンは細胞同士をくっつける役割や、肌の水分を保持してハリを与える役割をしています。このコラーゲンの生成に銅が欠かせません。

美しい肌は、寝ている間に作られます。だったら毎日の睡眠で賢く、効率良く寝ながらスキンケアやアンチエイジングしたいですよね!みなさんも一度、「イルミナージュ 枕カバー&アイマスク」お試ししてみてはいかがですか?