ストレスを溜めないコツ

イルミナージュ ビューティー ~枕カバーとアイマスク

ヨガインストラクターのWaka Yogiです!みなさんは寝ようと思っても、イライラ、怒り、不安、恐怖、緊張、嫉妬などの感情で、なかなか寝つけない時はありませんか?

早く眠りたいのに考え込んで、さらに眠れなくなる。ここから抜け出して、簡単にリラックスする方法をいくつかご紹介します。寝る前だけでなく、いつでもストレスを感じた時にやってみて下さいね

ご紹介する方法の中で、最も簡単なのは呼吸です。呼吸は私たちが生きていく中で最も重要なこと。普段の生活で無意識で行われる呼吸に意識を向けることで「今、この瞬間」あなたが感じている肉体的・精神的な感覚に気づくことができますよ。

・呼吸に全意識を向ける
座ったり、立ったり、歩きながらでも行えます。背筋を伸ばし、鼻から息を吸って、鼻か口、楽な方でゆっくり息を吐き出します。呼吸というと「吸う事」に意識が集中しやすいですが、慣れるまでは「吐く事」にもっと意識を向けてみてください。

呼吸の最中に考えが浮かんできたら、考えが浮かんだ事に気づき、呼吸に意識を戻します。また考えが浮かんだら、考えに気づき、また意識を呼吸に向けてを繰り返します。

ストレスが完全に消えることはないかもしれませんが、呼吸に集中して、気づく事が大切。気づきや観察を続けていくと、自分の中にあるストレスが小さくなっていくのを体験できるはず。

・リラックスする
仕事や家事、運動をやめてリラックスするだけです。スポーツの後、肉体が疲れている時は快適な椅子やベッドで休みますよね。では精神的に疲れている時は?心が休まるように休憩してリラックスすることです。

心を休めるオススメの方法の一つは、イメージ瞑想です。イメージ瞑想とは、イメージトレーニングとも呼ばれますが、スポーツ選手がよく取り入れていますね。人の脳は鮮明にイメージした事を、まるで現実であるかのように処理するといわれます。こういった脳の特長を利用してメンタルを鍛え、パフォーマンスの向上を目指しているんですね。これはプロのスポーツ選手だけではなく、私たちも取り入れたいリラックス法です。

・存在を認識する
座って、自分の存在を確認します。ただ座っているだけのようですが、あなたの注意が「今、存在している自分」にある限り、正しくて意味のある事をしています。

いかがでしたか?日頃を溜めて発散するのも良いけれど、ストレスを溜めない方がずっと気楽ですよね。寝る前や日頃ストレスを感じた時にぜひ行ってみて下さいね。