「お肌のゴールデンタイム」は本当?

ヨガインストラクターのWaka Yogiです!今回は誰もが一度は耳にした事がある「お肌のゴールデンタイム」についてのお話。

 

「ゴールデンタイム」や「シンデレラタイム」とも呼ばれるのが22時~2時。この時間帯にぐっすり眠ると成長ホルモンが出て、美肌や若々しさを保ってくれると言われます。私も、お肌の為にも早く寝なきゃ!とできる限り早寝を心がけています。

しかし、これは昔のライフスタイルからの由縁で、科学的根拠は全くないそう。最近の研究では、22時〜2時という時間帯は関係ないという結果があります。

これが本当なら、今までの努力って。。。でも嬉しいですね!だって昔のライフスタイルなら22時に寝るのは理解できるけど、忙しい現代では22時に家に帰ってこれない人も多いのでは?

じゃあ「お肌のゴールデンタイム」っていつ?

睡眠と肌の関係

深く眠っている時は、脳下垂体から「成長ホルモン」が分泌され、これが皮膚、体の各組織の細胞の新陳代謝を促します。やっぱり、睡眠の質はお肌の状態に影響を与えるんですね。

次は、睡眠のメカニズムを見てみましょう。人の睡眠は、体は眠っていて脳が動いている浅い眠りの『レム睡眠』と、脳も体も休んでいる深い眠りの『ノンレム睡眠』の状態を交互に繰り返します。その周期は、約90分です。

勝負は始めの3時間!

 

最近の研究で分かったのは、寝始めてから初めの『ノンレム睡眠90分』と『レム睡眠90分』の3時間の間に「成長ホルモン」が多く分泌されるという事。「成長ホルモン」の分泌に、寝る時刻は関係ないのです。

さらに、人が最も深く眠るのは、眠りについてから約1時間のところです。最初の『ノンレム睡眠』から次の『レム睡眠』にスムーズに移ることで、起床までのリズムを整えて、質のよい睡眠を導いてくれます。

お肌に優しい睡眠

美容や快眠には、寝る時間が重要なのではなく、寝始めの3時間の眠りがとっても大切なんですね。今夜からできる気をつけたい習慣はコチラ!

・血糖値が下がっている状態で眠る
・就寝1時間前に身体を温め、体温を下げてから眠る

就寝1時間前は脳を休ませてから眠る

まず、血糖値は食べると上がります。よくダイエットには、食後から就寝までは3時間空けた方が良いと言われますが、これは肌にとっても同じ。

そして、お風呂から出た後、ほてった状態ですぐに布団に入るのではなく、少しカラダを冷ましてから眠るのが理想。

脳は機械ではないので、ON/OFFのスイッチを簡単には切り替えられません。スマホは控えて、アロマ、読書、ストレッチ、瞑想などでリラックスしましょう。